スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚祝いのマナーについて

結婚祝いには意外と知られていないマナーがあります。

結婚の祝いの品は挙式の1週間前に自宅に持参して差し上げるものですが、最近はショップなどで買ってそのまま送ってもらうのも多くなりました。結婚祝いを送る場合には、一言でもいいのでなるべくメッセージをつけると良いです。結婚祝いを渡すのが遅れてしまい結婚式当日になってしまったら現物ではなく品物名を書いた目録を渡します。

昔は、ハサミや包丁などの切るものは縁起が悪いとされていて避けられていましたが、今は贈る相手がこだわらなければ良しとされています。また、親しい間柄なら予算を伝えて相手の欲しいものを渡してもいいです。

お祝いの品物ののし紙の水引きは、結び切りを用います。結び切りは、1度結んでしまうと引っ張っても解けないことから1度きりでいいことがらに用いられます。表書きは寿とします。

結婚祝いとして品物を贈る代わりに結婚式当日、現金を持参する場合が多くなっています。お祝い金の目安は、2~10万円で、友人や会社関係の人は3万円が一般的です。

http://www.beefactory.info/category/friend
結婚祝いプレゼント 友達
スポンサーサイト
プロフィール

山口裕志

Author:山口裕志
北海道は札幌市でしがない写真家をやっております山口裕志です。どうぞ宜しく。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
P
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。